FXってなに?!



FXとは、外国為替証拠金取引のことです。


では、外国為替証拠金取引とは何か?・・・小額の証拠金(保証金)を業者に預託し、差益決済による
通貨間の売買を行う取引のことです。 ※通貨とは(円・ユーロ・ポンド・米ドル・香港ドル・フランなど)


FXは投資型商品と呼ばれるもののひとつです。 ※投資型商品とは(株式・債券・投資信託など)


FXは株式、債券、投資信託などと比較すると誕生してからまだ日の浅い商品となります。


FX取引が誕生するまで為替取引というものは、インターバンク市場(※銀行と銀行の間)
だけで行われる取引でした。


それが、1998年4月に外為法が改正されて、個人投資家がインターバンク市場に参加できるようになったのです。


しかし、インターバンク市場というものは個人が参加するには大きすぎる市場です。


一日に、およそ日本の国家予算2年分の金額が取引されているのです。


取引の単位も一回につき100万ドル単位(日本円で1億円単位)からとなります。


そんな取引が出来る個人投資家はおそらく数える程しかいないでしょう。


そこで、個人の投資家が参加できるように取引の金額を小口化してインターバンクに気軽に参加できるように
作られたものが、FX取引=外国為替証拠金取引なのです。




FX取引のはじめ方



@ 口座開設


FX取引をスタートする上でまず先に行うことは、FX取引業者をきめて口座を開設して資金を入れます。


この資金のことを「証拠金または保証金」などと呼びます。担保金のことです。


FX取引は、この証拠金を担保として差し入れておき、レバレッジ(てこの応用)※他人資本を使うことで、自己資本
対する利益率を高めること。を効かせて、担保よりも大きな金額分の取引をするというものになります。


では、実際に数字で考えて見ましょう。

1米ドル100円の時に10万米ドル(1,000万)を購入しました。

購入した10万米ドルがその後、
1米ドル=105円にまで上がったとします。

この場合、1,000万円は1,050万円になり、5円の為替の値動きで、プラス50万円の利益になります。

※5円×10万米ドル(100,000)=500,000円(プラス50万円の利益)


しかし、逆に購入時よりも5円下がったらどうでしょう。


1,000万円は950万円になり50万円のマイナスになります。


個人投資家が取引をするのはこの差金(50万円)にあたる部分です。


このように、差金分だけをやり取りするような取引を「差金決済取引」と言います。


FX取引は、1,000万円という現金を実際に用意する必要はなく、その動いた分をやり取りする取引です。


100万円の元手(証拠金)で10万ドル(1,000万円)の取引をするとき、「レバレッジ10倍」という言い方をします。


このレバレッジが20倍であれば、50万円の証拠金で約10万ドル分の取引ができます。


しかし一見するとハイリスクに感じるかも知れませんが、リスクコントロールさえしっかりと行なえばハイリスクを
抑えることができます。



A 外貨の売買


次に外貨の売買です。 ※どうやってドルを買って売ればいいのだろうか?(・。・ )( ・。・)?


FX取引は(相対取引)とよばれ、世界中のどこかに買いたい人と売りたい人がいて、お互いの希望する
値段がマッチすれば、そこで取引は成立します。


現在ではIT化のおかげで世界各国ほぼ瞬時にFX取引が24時間行われます。


通貨の値段はニュースなどで外国為替のレートが「米ドル/円116.30-35」と表示されているのを
ご覧になったことはありませんか?


これは米ドルを今「116円30銭なら売ることができる」、「116円35銭なら買うことができる」ということを
意味しています。


この場合、売りと買いに5銭の値段の差があります。


この差額を「スプレッド」といいます。


取引する業者によってこのスプレッドが3銭だったり7銭だったりします。


また、相場変動が大きくなると10銭や場合によってはそれ以上になることもあります。



実際のFX取引方法について・・・(A)〜(B)


(A)外貨を買って上がったら売る。(為替差益)

(B)外貨を売って下がったら買う。(為替差益)

1ドル=100円で10万ドル買った場合

1ドル=110円で10万ドル売れたら

10円×10万ドル=100万円の利益

1ドル=120円で10万ドル売った場合

1ドル=110円で10万ドル買えたら

10円×10万ドル=100万円の利益

※逆に買った時より低い金額で売るとマイナスになります

1ドル=100円で10万ドル買った後に1ドル=95円で売ると

50万円のマイナスとなります。

※逆に売った時より高い金額で買うとマイナスになります

1ドル=100円で10万ドル売った後に1ドル=105円で売ると

50万円のマイナスとなります。


(C) スワップ益




これは外貨貯金でいう金利のようなものです。


仕組みは各国の政策金利に差があるところからきます。


現在、日本はゼロ金利を抜け出したといっても、まだまだ欧米に比べて低金利です。


金利の低い日本などの通貨を売って金利の高い通貨を買うとその金利差によって毎日利息のようなものが発生します。


FX業者によって違いはありますが、現在(2008年2月26日時点)で、10万米ドルに対して毎日750円のスワップがつきます。


レバレッジ20倍であれば、50万円で10万ドル分の取引ができますので元金の50万円に対して毎日750円の利がついてきます。
一ヶ月で22,500円!!



これがスワップです。


このスワップを目的にFX取引をする人も多くいます。

Copyrightc2008 All Reserved By FX女神